読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六本木歌舞伎『地球投五郎宇宙荒事』を観て

 タイトルを見てもらえばお分かりになるかと思うけれど、もう全然文学に関係がない。無理やり関係があると言ってしまえばまあ関係あるけどやっぱり関係ない。でも、今日は歌舞伎の話がしたい。歌舞伎だ。これまた渋いけれど、わたしはめちゃくちゃ歌舞伎が好きだ。

 先月の話で恐縮だが、六本木歌舞伎「地球投五郎宇宙荒事(ちきゅうなげごろううちゅうのあらごと)」を観に行った。忘れない程度に、記述しておきたいと思う。

 本作は、今や歌舞伎界を担う世代となった市川海老蔵中村獅童宮藤官九郎三池崇史と手を組んで作成した新作歌舞伎である。訳がわからないくらい大物揃いだ。

 「地球投五郎宇宙荒事」という外題を初めて聞いた時、自然と笑みが零れた。地球を投げるのか、しかも荒事なのか。一体彼らがどんな歌舞伎を作るのか気になって気になって仕方がなかった。

 猿でもわかる勧善懲悪。時は元禄、突如江戸に襲来した謎の地球外生命体(中村獅童)に正義の味方・地球投五郎(市川海老蔵)が立ち向かうという単純な筋書き。今回は新作歌舞伎ということで、特に文献も読まず予習なしで観劇した。

 幕が開くと、楽屋裏を再現したセット。今回の「地球投五郎宇宙荒事」が生まれるきっかけとなった楽屋裏での何気ないやりとりをコント風に再現する。市川海老蔵が私服にサングラス姿でブログ更新のためにカシャカシャと自撮りをしながら楽屋入りする。続いてはちゃめちゃなテンションの中村獅童が大騒ぎしながら楽屋入りする。二人は、自らの手で隈取りを施しながら、漫才を連想させるような軽調なテンポで掛け合いをする。

 海老蔵が「なんかさ、地球を投げちゃうような面白い歌舞伎やらない?ほら、江戸にさ、宇宙人が現れてそれを助けるようなやつ、どう?面白くない?みーくんは悪の親玉やってよ」と聞く。獅童は、「え〜っ、俺悪役?まじ?ダースベーダー?」と返すもノリノリ。海老蔵はここで「スターウォーズってさ、突き詰めれば歌舞伎じゃん?ガンダムだってウルトラマンだって進撃の巨人だって俺に言わせれば歌舞伎だよ」と言っていた。このさりげない台詞は、正直に言ってめちゃくちゃかっこよかった。彼にしか言えない台詞だと思う。

 楽屋裏でのコントが終わると、舞台は暗転する。時は江戸時代。賑やかな町人たちが集い、歓談している。突然舞台上部からUFOが降りてくる。UFOから降り立つのは宇宙人役の中村獅童。名は「駄足米太夫(ダースベーダー)」だ。歌舞伎っぽい名前にしているけれど、全くふざけ倒している。腰から抜いた日本刀の蛍光色に光る様子は、まさにライトセーバー。遊びすぎだよ。

 本来、歌舞伎は大衆演劇だ。格式ばった文化ではない。誰もが気軽に見れるような大衆演劇であるべきだ。決して、閉じられた文化ではない。もっと開かれた演劇であるべきだ。この演目は、そんな「開かれた文化としての歌舞伎」を実現した素晴らしい演目であった。金髪のギャル4人組が訪問着を着て歌舞伎を楽しんでいる光景は、市川海老蔵ならびに若手や中堅の歌舞伎役者たちが目指している歌舞伎であったに違いないと思っている。伝統を守り、かつ伝統を作る役者の姿勢には頭が上がらない。日々更新される伝統を目の当たりにすることができた、とてもいい舞台だった。