読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザートの極点を見た話

 

こんなにもスイーツに感動したのは生まれて初めてかもしれない。港区に期間限定で出しているお店でデセールのコースを食べてきた。デザートが6皿出てくるという女子垂涎モノのコース。

 

わたしは今までいろいろなパティスリーでケーキを食べてきたし、それなりに美味しいケーキを食べてきたはずだ。チョコレートだってそう。焼き菓子だって和菓子だってそれなりに美味しいものを食べてきたはずだ。

 

でも、今日いただいたデセールコースはそれらを優に越えた。それどころか天井をブチ破って極致にまで到達してしまった。デセールが到達しうる頂点に辿り着いてしまった。パティシエールのお姉さんお墨付きのお店だったので期待値は高かったはずだが、想像していたよりもはるかに美味しかった。

 

あまりに完璧な6皿だった。悔しいほどに完璧なコースだった。

 

せっかくなので、一皿一皿思い出しながらメモと照らし合わせて書きしたためておこうと思う。

 

まず、キャベツと林檎のジュース。文旦という柑橘の果物のオイルを混ぜているらしい。すっきりとしていて口当たりも良く飲みやすい。

 

次にパンナコッタと凍らせたヨーグルト。オリーブオイルとバルサミコ酢がいちごの砂糖漬けの上品な甘さを引き立てる。鮮やかな花弁を喰むと口内に花の香りが広がる。

 
続いて檸檬を使ったデセール。檸檬のシャーベットとサワークリームに檸檬と蜂蜜のソースがかかっていて酸味と甘みの均衡が絶妙。乾燥させた檸檬の果実とパイの生地の食感が楽しい。
 
そして豆類を使ったデセール。緑色が目に鮮やか。えんどう豆のケーキに発酵バターを加えたクリームと抹茶のパウダーがかかっていた。スナップエンドウのピューレと聞いて恐る恐る口にしてみたが、口溶けが滑らかで塩味が効いていてすごく美味しかった。まぶされたピスタチオとミントの相性が最高。パティシエの方は天才だと確信した。
 
チョコレートのデセール。球状のフォンダンショコラと桜のアイスに温かいチョコレートが贅沢にかけられている。ヴァローナのチョコレートらしい。少ししょっぱいチョコレートのサブレと桜のメレンゲ菓子が乗っていた。
 
最後はシンプルなクレープ。凍らせたバターを焼きたてで温かいクレープの熱で溶かして食べる。こんなにも美味しいクレープがあるのかと驚愕した。
 
デザートが6皿と聞くとチョコレートやら砂糖やらを連想して胸焼けしそうだが、実際に食べてみると、酸味や塩味がアクセントになるように計算して作られているため全く飽きが来なかった。どれか一皿が取り立てて美味しい、というわけではなくて、コースとして成立していた。とにかくバランスが良かった。一皿一皿見た目が凝っていて目にも楽しかった。
 
デセールとは、食事のおまけではなくて芸術だと心から思った。メニューが変わったらまたあのお店に行こう。